プロフィール

キューダス

Author:キューダス
フルマラソンでサブスリー(3時間以内での完走)を目指して、日々トレーニングしています。


ブログランキングに参加しました。
↓↓ クリックをお願いします。
人気ブログランキングバナー

最近の記事
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
ウルトラマラソンを完走するために(1)
 今日は、激しい雨のためトレーニングはお休みです。

 そこで、ウルトラマラソン完走のために必要な条件ついて、書いてみようと思います。


 ウルトラマラソンとは、フルマラソン(42.195km)を越える距離のロードレースのことです。ですから50kmでもウルトラマラソンですが、やはりウルトラマラソンらしくなるのは70km以上くらいからでしょうか。日本では100kmのウルトラマラソン大会が多く開催されていますが、もちろん100kmを超えるレースもありますし、また、12時間走や24時間走といった大会もあります。

私はこれまで、100kmのレースを9回、100km未満の大会に4回参加し、完走しています。まだまだ経験豊富というには、程遠いですが、これまでの経験からウルトラマラソンを完走するためのトレーニング方法等について、書いてみたいと思います。

(1) どの程度の走力があれば完走できるのか
 ウルトラマラソンにチャレンジしてみようとする場合に、まず考えるのが果たしてどの程度の走力があれば完走できるのだろうということだと思います。私が感じるには、フルマラソンをサブフォーつまり4時間以内で完走できる力があれば、完走は難しくないと思います。4時間で完走できなくても、不可能ではないと思いますが、制限時間ぎりぎりに足を引きずりながら完走するのもある意味で感動的ではありますが、ある程度余裕を持って完走するには、サブフォーがひとつの目安になると思います。
 サブフォーということは、平均するとキロ5分40秒ペースということになります。このペースで走れるランナーが、キロ7分で走るのはかなり余裕があると思います。それでも、キロ7分で走り続ければ100kmを11時間40分で完走できることになります。もちろんエイドでのロスや後半のペースダウンもありますから、計算どおりにはいきませんが、一般的な13時間あるいは14時間の制限時間であれば充分完走が可能だと思います。
 これが、サブフォーランナーであれば充分100kmのウルトラマラソンを完走できるだろうという根拠です。もちろん、それなりのトレーニングを行う前提ですが。
 私自身について言うと、フルの自己ベストが3時間20分、100kmウルトラマラソンの自己ベストが9時間37分です。最近はフルが3時間40分前後ですが、100kmマラソンが11時間前後といったところです。また、最初に参加したウルトラマラソンが2001年のサロマでしたが、そのときの記録が11時間20分、その年4月の長野マラソンが3時間29分でした。
 ウルトラの向き・不向きもあるでしょうがこの数値からも、サブフォーの力があれば充分完走が可能であるということがいえると思います。

 次回は、最も重要なトレーニングについて書く予定です。


スポンサーサイト
ウルトラマラソンを完走するために | 【2007-05-10(Thu) 23:07:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
カウンター
レース結果と予定
JogNote

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。