プロフィール

キューダス

Author:キューダス
フルマラソンでサブスリー(3時間以内での完走)を目指して、日々トレーニングしています。


ブログランキングに参加しました。
↓↓ クリックをお願いします。
人気ブログランキングバナー

最近の記事
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
久々のロングジョグ
10月29日のトレーニング
種類:ロング走
距離:21.5km
時間:1:56:41
平均心拍数:128

今日は、久しぶりにゆっくりとロングジョグ。

走り始めは、体調が今ひとつで、体も重く感じられます。5キロの通過は27分29秒、その頃から体も軽く感じられ、快調に走ることができました。およそ12キロ地点で、自販機で給水しようとしますが、いつもの自販機が有りません。いつの間にか撤去されてしまったのかもしれません。

やむを得ず、すぐ近くの自販機に向かいます。これまではアクエリアスを買っていましたが、その自販機にはなく、500ミリのペットボトル入りのダカラを購入することにします。全部は飲めないので、半分くらい飲んでそのままボトルを持ちながら、走り続けます。

1分位して、ランニングウォッチを見ると、停止状態になっています。給水から走り始めたときは確かに、再起動したので、おそらく自販機によるときに、一時停止ボタンではなくラップボタンを押していたのかも知れません。あわてて一時停止を解除して、走り始めます。

最後は、多少疲れを感じながらも、最後まで、調子よく走ることができました。

自宅に戻ったのが、5時半くらい。この時間になるとまだ空にやや明るさは残っているものの、ほとんど真っ暗といった感じです。だいぶ日が短くなったのを感じます。

久々に21.5キロの練習コースを走りましたが、無理なく走れたので、満足です。



スポンサーサイト
練習日記 | 【2005-10-29(Sat) 23:27:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
心拍計の調子が良くありません
10月27日のトレーニング
種類:ジョグ
距離:13.0km
時間:1:10:48
平均心拍数:131

今日は、ゆっくりとジョグ。

昨日のペース走の疲れが若干残っている感じでしたが、気持ちよく走ることができました。

いつも走るときは、セイコーのパルスグラフを使用しています。パルスグラフは、いわゆる心拍計(ハートレートモニター)付のランニングウォッチですが、他の製品にない特長を持っています。

他の製品は心拍数を計測するために、ベルト状のセンサーを胸に装着します。

つまり、ウォッチと心拍数の計測部分が分離しているのですが、セイコーのパルスグラフは、指で心拍数を計測するため、ウォッチと一体になっています。それが気に入ってランニングを始めた翌年から、ずっと使用しています。

ところが、2ヶ月前ごろから、走りはじめ直後からしばらくの間、心拍数が160前後となってしまい、明らかに間違った心拍数を示すようになってしまいました。しばらくすると、正常の値を示すようになるのですが、最近症状が重くなってきたように感じます。今日は1キロぐらいまで、異常な心拍数を示していました。

センサーの感度が落ちてきているのかもしれません。

そろそろ寿命なのかもしれませんが、既にパルスグラフは生産中止になっていて、後継の機種も発売されていません。心拍数の計測装置が一体化しているのが気に入っているのですが、後継機もないので、使えなくなったとき、次の機種をどうするか悩ましいところです。



練習日記 | 【2005-10-27(Thu) 23:45:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
今日はペース走
10月26日のトレーニング
種類:ペース走
距離:10.3km
時間:0:50:09
平均心拍数:139

今日は、気合を入れてキロ5分ペースのペース走。

走り始めてみると、思っていたたよりも調子よく走ることができました。キロ5分ペースのつもりがそれを上回るペースで走ることができました。

最初の1.1キロのウォーミングアップの後に、2.7キロの周回コースを終わったところで、1周12分55秒と、キロ当たりに直すとキロ4分47秒と想定よりも速いペース。

一瞬ペースダウンしようかとも考えましたが、途中でペースダウンするのはペース走の目的に反するので、そのままのペースで走ることにします。結局、2周目、3周目は13分2秒、13分3秒とややペースが落ちたものの、ほぼイーブンペースで走ることができました。

このまま、調子が上がっていくようにしてきたいと願っています。



練習日記 | 【2005-10-26(Wed) 23:50:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
青梅マラソン参加決定
10月25日のトレーニング
種類:ジョグ
距離:10.3km
時間:1:00:54
平均心拍数:116

今日は、疲れを取るためキロ6分ペースでゆっくり走りました。体調もそれほど悪くなく、気持ちよく走ることができました。明日は、ペース走で刺激を入れたいと考えていますが、体調と相談して場合によっては今日と同じくゆっくり走るかもしれません。

昨晩、来年2月の青梅マラソン当選のメールが届いていました。青梅マラソンは毎回参加希望者が多いため、9月に申し込んで抽選を参加者を決める仕組みになっています。これまで4年連続で申し込んで、4年とも参加できているので、それほど倍率は高くないのかもしれません。3月のマラソンに向けてこの時期に30キロのレースは貴重なので、参加できるのはありがたいことです。

青梅マラソンというと、巨人名誉監督の長島さんがスターターを勤められたことと、アテネオリンピックで優勝した野口みずきさんが参加された大会が思いでに残っています。

今年2月は仕事の影響で年明けからほとんど走れないまま、青梅マラソンを迎えたため、記録的には散々の大会でしたので、来年はしっかりトレーニングして、自己記録を更新できるくらいの走りをしたいと願っています。


練習日記 | 【2005-10-25(Tue) 23:32:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ランニングの効果
今日のトレーニングは休みです。

 今日は、ランニングの効果のうち、ダイエット効果に関して改めて、考えていたいと思います。

 そもそも、なぜ太るのかというと、ごく単純化すると

 摂取エネルギー > 消費エネルギー

ということになります。つまり、食べることによって得たエネルギーが、運動などによって使われたエネルギーよりも多いと太るわけです。では、なぜ摂取エネルギーが多いと、太るのでしょうか。

 それは、人間をはじめとする哺乳動物には、もしも、長期間食事を取れない場合に備えて、余分に取ったエネルギーを脂肪に変えて体に蓄える性質が備わっているからだといわれています。脂肪に変えて蓄えることによって、何日も食事を取れない時は逆に脂肪を分解することによってエネルギーを生み出し、生命を維持するわけです。

 そこで、摂取エネルギーを少なくするか、消費エネルギーを多くすることによって、体重を落とすことができることになります。詳しくはないので、正確ではないかもしれませんが、よくダイエット商品として販売されているものは、摂取エネルギーを少なくすることよって、体重を落とそうとするものが多いようです。

 ところが、この方法には大きな落とし穴があります。つまり、単に摂取エネルギーを少なくして、運動をしないと、脂肪だけでなく、筋肉量も減少してしまいます。筋肉の減少は基礎代謝の減少を招き、より太りやすい体質を作ってしまいます。

 基礎代謝とは、全く運動をしなくても、生命を維持するために必要な体温維持、呼吸、内臓の働きなどに必要なエネルギーです。基礎代謝は、筋肉の量にある程度比例し、また、20歳くらいが最も多く、年齢とともに少なくなるそうです。

 いわゆる、中年ぶとりの原因のひとつが、ここにあります。つまり年齢とともに基礎代謝が落ちるにもかかわらず、若いときと同じ量の食事をしていると、結果としてエネルギー過多になり、太る原因となるわけです。また、一般的には年齢とともに運動する機会が減少し、その結果、筋肉量が減り基礎代謝がなおいっそう減少することも考えられます。

 そこで、適度の運動をすることが、ダイエットには効果的になります。つまり、運動することによって、消費エネルギーが増えるだけでなく、運動による筋肉量の増大が基礎代謝の増加をもたらし、そのことによってよりいっそう、体重の減少効果をもたらすことになります。

 では、どのような運動が効果的なのか、については少し長くなったので、次回にさせていただきます。

 なお、今回を含めて、これから書いていくことは、これまでいろいろな機会に知った内容を組み合わせていますが、必ずしも正確でないことが有るかもしれません。その場合は、ぜひご指摘ください。


ランニングへのお誘い | 【2005-10-24(Mon) 23:30:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
体調が今ひとつ
10月23日のトレーニング
種類:ジョグ
距離:10.3km
時間:0:57:35
平均心拍数:121

今日は夕方から、トレーニング。週末はもう少し長く走りたいのでが、なんとなく体調が今ひとつといった感じある。秋田100キロマラソンや長谷恒カップの疲れが残っているのか、あるいはおとといの変化走の疲れが残っているのか、体が重く感じられる。

無理をしてもしょうがないので、今日は短めにしておくことにしました。疲労を残さないようにしながら、11月のレースには体調を整えて臨みたいところです。



練習日記 | 【2005-10-23(Sun) 19:07:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
箱根駅伝予選会
箱根駅伝の予選会を見てきました。

レースは午前8時半に昭和記念公園の立川口前をスタート。各校の代表選手が一斉にスタートします。

スタート


公園の北まで一般道を走り、公園内を3周する20キロのコースで実施されます。

スタートの様子を見た後、ゴール付近に移動、ところが多くの観客が殺到し、なかなか進めません。30分かかってやっとゴール近くの周回コースに到着。3周するので、ゴールとあわせて4回、選手を応援できると思っていたのが、既に1周目が過ぎた後でした。

スタートはあきらめて、最初から公園内に陣取ったほうがいいかも知れません。

そうする内に、トップ選手がやってきました。やはり下馬評どおり、山梨学院大学のモグス選手です。1年生ながら、1万メートル27分54秒と参加選手中唯一27分台の記録を持っています。
モグス(山梨)

次の選手は、なかなかやってきません。1分ほどたってからやってきたのは、流通経済大学のジュイ選手です。さらに1分ほどたってから、集団で選手がやってきます。

沿道の観客からは、選手の名前や大学名を叫び、声援が送られます。私も、思わず母校の選手や子供が通っている大学の選手を声援してしまいました。

3周目も上位の順位は変わりませんが、トップのモグス選手は早くも周回遅れの選手の前を走っています。3周目を走る選手をしばし応援した後に、ゴール近くへ移動。

トップは、変わらずモグス選手、2位はジュイ選手です。モグス選手の記録は57分22秒、ジュイ選手は58分45秒の好記録です。

続いて日本人トップは早稲田の竹澤選手です。記録は1:00:03。

竹澤(早稲田)


その後は続々と選手がゴールしていきます。すべての選手がゴールしてから、結果の発表を見に行きます。そこも既に多くに人が集まっています。

なかなか、発表が始まりません。じっと待っていると、結果を記したボードを2人の学生が人ごみをかき分けて、運んできます。どこからともなく拍手が起こります。

ボードがステージに設置されていよいよ発表です。

1位は、東洋大学です。合計タイムは10時間10分17秒。ずば抜けた選手はいませんが、全員が持てる力を十分発揮した結果でしょうか。川嶋監督の指導が成果をあげた結果と思います。以下、早稲田、國學院と続きます。発表されるつど、会場のあちらこちらから、歓声が起こります。
結果


9校の予選通過校が発表され、終了です。会場のあちらこちらでは、各校の選手や関係者が集まっています。大会出場が決まった大学、惜しくも参加を逃した大学と、それぞれ対照的な様子が見られます。参加を決めた大学には、ぜひいい成績を残してほしいと思います。惜しくも参加できなかった大学は、来年は参加できるよう、トレーニングに励んでほしいと思います。


観戦記 | 【2005-10-22(Sat) 19:26:55】
Trackback:(1) | Comments:(0)
箱根駅伝予選会通過校
東洋、早稲田、國學院、山梨学院、大東文化、城西、国士館、明治、専修以上9校が予選を通過しました。


未分類 | 【2005-10-22(Sat) 11:24:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
今日のトレーニングはきつかった
10月21日のトレーニング
種類:変化走
距離:10.3km
時間:0:52:22
平均心拍数:132

 今日も、今ひとつ調子が良くない感じでしたが、気合を入れて予定通り変化走。かなりきつかったが何とか最後までペースを落とすことなく、走りきることができそれなりに満足いくトレーニングでした。


練習日記 | 【2005-10-21(Fri) 23:34:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
東京マラソン
10月20日のトレーニング
種類:ジョグ
距離:13.0km
時間:1:13:02
平均心拍数:122

 走り出してみると、調子は今ひとつといった感じでしたが、最後までペースダウンすることなく走ることができました。走り始めた頃は、月がきれいに見えていて、最近曇りがちの天気が多かったので、久しぶりに月を見たような気がしました。これからは寒くなりますが、月や星がきれいに見える季節となります。

 さて、今日石原慎太郎東京都知事と日本陸上競技連盟会長の河野洋平衆院議長が東京マラソンの開催について合意したそうです。朝日新聞によると2007年2月に第1回の大会を開催し、同大会はオリンピックの選考レースともなり、一流ランナーの参加も見こまれるようです。ただし東京国際女子マラソンは当面継続するようで、男子と女子のレースの一本化は難しいようです。この辺は、それぞれの大会を後援してきた新聞社や放送局の思惑もありなかなか難しいようです。

 いずれにしても、海外の大都市で開催される一流ランナーから市民ランナーまでが参加する大規模なマラソン大会が、東京で開催されることは、大きな前進であると思います。

 ただし、スムーズな大会運営をするには、事前の周到な準備大会運営の経験が必要でしょうから、いきなり3万人といわず、徐々に参加者を増やしていったほうが良いのではないかとも思います。いずれにしても、大会が成功することを祈ります。

練習日記 | 【2005-10-20(Thu) 23:26:08】
Trackback:(0) | Comments:(1)
ランニングの楽しさ
今日のトレーニングはお休み。

 そこで、トレーニングをしなかった日は、日ごろ感じている、ランニングの楽しさやランニングをやっていて良かった思うことを書いていきたいと思います。それほどの経験があるわけでもなく、理論的な裏づけがあるわけでもありせんが、これまでの経験を基に、書いて行きたいと思います。これからランニングをはじめたいと考えている方などの参考になれば幸いです。

 さて、私がランニングを始めたので今から6年半ほど前のことす。これまで感じてきたランニングの楽しさ、あるいは効果はまず、体重が落ち健康になったことが最大の効果です。体重はおよそ8キロ落ちました。身長173センチで体重68キロだったのが、現在では60キロ前後です。特別太っていたわけではありませんが、年々太くなるウェストが気になっていたのが、うそのようにしまった体形になりました。最近では肥満は病気だとの考え方が一般的になりつつあるようですが、ダイエットにはランニングをはじめとする、有酸素運動が最も効果があると思います。

 また、健康診断で指摘されていた、中性脂肪やコレステロール、尿酸値などは正常値になり、現在では健康診断で指摘を受けることは全く有りません。それだけでなく、ランニングを始めてから、ほとんど病気をしなくなりました。

 それ以前も年に何回か風邪を引く程度で、健康には自信がありましたが、ランニングを始めてから、風邪を引くこともなくなりました。体重が落ちたことをはじめとして、広い意味で健康になったことが、ランニングの効果であると思います。

 ランニング中はあまり複雑なことは考えられません。ランニングに集中していると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。調子がいまいちの時はそうでもありませんが、今頃のように走るのにちょうどいい気候のときは、自然の中を走っていると、すがすがしい気分になって、いやなことを一瞬でも忘れることができます。おそらく、ストレス解消になり、精神的にも良いのではないかと思います。

 また、ランニング大会に参加していると、職場など日常の仲間とは異なる人々とも交流の機会がもてます。同じ趣味を持つ人々との交流は、楽しいものです。

 そのほか、いろいろとありますが、おいおいと書いていきたいと思います。ランニングはランニングシューズとランニングに適したウェアがあれば、誰でもかんたんに始めることができます。ただし、やみ雲に走るとひざを痛めたりして、かえって健康に良くありませんから、注意は必要です。

 その辺も含めて、少しずつ書いていきたいと思います。


ランニングへのお誘い | 【2005-10-19(Wed) 23:24:27】
Trackback:(0) | Comments:(3)
東京大都市マラソン開催決定か?
10月18日
種類:ジョグ
距離:10.3km
時間:0:57:06
平均心拍数:121

今日は、昨日のペース走の疲れを取るために、ゆっくりとジョグだが、なんとなく体が重く感じられる。体調そのものは悪くないと思うのだがなんとなく気になります。

 さて、今日の日経WEB版共同通信によると、東京大都市マラソンの開催が本決まりになりそうです。

 東京大都市マラソンは、昨年9月に東京都の石原都知事が記者会見で発表した、東京を会場とするエリートランナーと市民ランナー合計3万人の参加を見込む、マラソン大会です。その後、日本陸連との協議が難航し、開催が危ぶまれているように思っていましたが、いよいよ本決まりになりそうです。

 これまで、日本のエリートランナーが参加するマラソン大会(東京国際、福岡国際、びわ湖毎日マラソン)は参加標準機録が2時間26分から30分と大変厳しく、一般の市民ランナーは参加できない大会でした。

 一方、海外の大会たとえば先日野口みずきさんが日本記録を更新したベルリンマラソンやニューヨークマラソン、シカゴマラソンなどの大会は、参加人数が3万人を越えるランナーが参加しますし、世界記録が達成されるなどエリートランナーも参加しています。

 こういった、世界の大会からすると日本のマラソン大会が、異常な世界であったことがわかります。東京の広い道路をマラソン大会のために交通規制して、わずか2、3百人のランナーだけが走っているのは、何かおかしい気がします。多くのランナーが大会に参加すると、交通規制が必要な時間が延びることなど課題が多いのでしょうが、海外でできることが日本でできないことはないと思います。

 むしろ、道路は車だけのものかと考えると、決してそうではないように感じます。その辺の考えに欧米の人々と相違があるもかもしれません。1年に1日くらい交通規制して、人々が思う存分東京を走ることができてもいいと思いませんか。

 まだまだ、開催までは紆余曲折があるかもしれませんが、関係者の努力により、すばらしい大会が開催できることを祈っています。


練習日記 | 【2005-10-18(Tue) 23:56:10】
Trackback:(1) | Comments:(0)
北京マラソン
10月17日
種類:ペース走
距離:10.3km
時間:0:51:58
平均心拍数:140

 今日は、雨の降るなかのトレーニングでしたけれども、小降りだったので、気持ちよく走ることができました。キロ5分ペースでのペース走でしたが、最後はペースを維持するのが、少しきつく、まだまだ、一番走れた頃には、遠く及ばないことを感じさせられました。

 さて、昨日開催された、北京マラソンで前代未聞の事態が発生してたゆうです。既に今朝の朝刊でも報道されているとおり、最初にゴールテープを切ったケニヤのチェロノ選手が、コースを間違えて、数百メートルの近道をしてしまったそうです。

 読売新聞によると

『16日に行われた北京国際マラソンで、北京の大会本部はゴール手前で近道したベンソン・チェロノ(ケニア)を優勝とする“前代未聞”の決定を下した。
 同選手の前を行く先導車がコース通りに走らなかったために起きたハプニングで、選手自身に過失はないと判断したためだが、中国としては五輪開催を控えながら国際大会での「ずさんな運営」(競技関係者)を図らずも露呈した形だ。』
 全文はこちらです。

 チェロノ選手には非はないようにも感じられますが、コースをミスし、しかも近道をしてしまったというのですから、失格とするのが当然であると思います。状況が正確にはわからないので、あまり断定的なことはいえませんが、大会の運営にも大きな課題があること感じられます。チェロノ選手が近道をしてしまいそうになった地点には大会関係者がいて、誘導する等のことはしなかったのでしょうか。報道を見る限り、それまでのコースから、先導車が入れない、狭い道に迂回するようなコースになっていたようですから、当然、係員が配置されていたと思うのですが、指示が徹底できなかったのでしょうか。

 サッカーの日本代表と中国代表との試合での混乱や、北京マラソンと同時期に開催されていた、柔道大会でコーチの指示で故意に負けた選手がいたりと、スポーツに対する姿勢に大きな疑問を感じさせられます。

 北京オリンピックまでに、スポーツ大会運営に精通するとともに、スポーツ文化に対して国民全体が正しく理解してくれることを祈ります。


練習日記 | 【2005-10-17(Mon) 23:28:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
広重美術館へ行ってきました
今日、栃木県那珂川町(10月に合併する前は馬頭町)にある、那珂川町馬頭広重美術館へ行ってきました。

広重美術館外観  広重美術館エントランス

 木材を外観に使用した特徴的な建物です。

 9月23日から11月27日までの予定で、「開館5周年記念特別展 広重画業展」が開催されているそうなので、訪問してきました。展示は、広重の年代に沿って、それぞれの時期の作品が展示されています。有名な東海道五十三次や切手にもなっている「月に雁」なども展示されていて、私のような素人にも、興味深く見ることができました。

 今回の展示会では120点の作品を、半分ずつ前後期に分けて展示しています。前期は10月23日までで、10月27日から後期の展示が開始します。後期も見に行ってみようかなと思っています。

 旧馬頭町には広重美術館の他にも、「いわむらかずお絵本の丘美術館」と「もうひとつの美術館」と小さい町にもかかわらず、3つの美術館があります。

 車ではないと不便な場所ですが、皆さんも秋の一日美術館めぐりを楽しまれてはいかがですか。


未分類 | 【2005-10-16(Sun) 20:41:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
秋田100キロマラソンの公式記録
10月14日 のトレーニング
種類:ジョグ
距離:10.3km
時間:0:58:12
平均心拍数:122

 今日、帰宅したら秋田100キロマラソンの記録集が届いていました。それによると記録は10:23:40、総合順位は145位(733人中)、男子のみでは131位(645人中)となっています。自己計時よりちょうど1分早い記録で、アレッ!という感じですが、いずれにしても、10時間30分を切れているので、満足です。

 今頃は、気温もちょうど良く、短パンに半袖または長袖のTシャツで気持ちよく走ることができます。

 11月のレースに向けて、調子を上げていきたいところです。


練習日記 | 【2005-10-14(Fri) 23:49:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
11月に向けて
10月13日 のトレーニング
種類:ジョグ
距離:7.6km
時間:0:42:59
平均心拍数:120

 今日から、11月のEKIDENと大田原マラソンへ向けて、練習再開です。まだ、先日の山岳耐久レースでいためた両足(親指の裏の肉刺と中指の黒爪)が多少痛むので、軽く走ってみたが、ゆっくり走る分は特段問題はないようである。徐々に強度を上げていきたいと思います。

 EKIDENは会社の仲間との出場でかれこれ5回目くらいである。半分は走った後の打ち上げが目的のようなところもありますが、やはり個人で走るのとは異なり、気合の入り方が異なります。

 今回は第2区5キロの担当で目標タイム21分で申告しています。これは各地の営業所からの出場チームや顧客のチームも参加されており、それぞれ目標時間を事前に申告するのが慣わしになっているものです。実際の記録がそれに近いからといって特に何かがあるわけではないのですが、目標を掲げた以上その時間は気になるところです。。実際の距離は5.3キロなので、キロ4分ペースが必要です。今の自分にはややきついかもしれませんが、何とか近づけるようこれからトレーニングを工夫していきたいところです。

 その後、すぐにフルマラソンとなるため、トレーニングの焦点を絞りにくいところです。しかし、今回は制限時間内(4時間)での完走が第1目標ですので、まずは完走できるだけのスタミナをつけられればOKと思っています。基本的にはウイークデイはスピードトレーニング中心、週末はスタミナ重視でLSDを中心に組み立てていこうと考えています。


練習日記 | 【2005-10-14(Fri) 01:07:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本山岳耐久レース 雑感
 日本山岳耐久レース、リタイアしたときは、特に残念だとは思わず、むしろ厳しいレースから開放される安堵感のほうが強かったのですが、時間が経つにつれて、やっぱりあきらめずに最後まで挑戦すべきだったかなと思われてまりません。

 もし来年も挑戦する気持ちになったら、山岳レースに対応したトレーニングを心がけて、完走できるだけのレベルにしてから挑戦したいと思います。

 と、いつもでもクヨクヨしていてもしょうがないので、次の目標に向けて、気持ちを切り替えないといけません。まずは、11月23日の大田原マラソンですが、来春のフルマラソンに向けて計画的にトレーニングしていきたいと考えています。

 今日までトレーニングはお休みでしたが、明日から再開です。

 さあ、がんばるぞ!


大会結果 | 【2005-10-12(Wed) 23:32:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本山岳耐久レース 完走ならず
日本山岳耐久レース、参加してきました。

結果は、第2関門(42.09キロ地点)でリタイアです。

 レースは、9日の午後1時に五日市中学校のグランドを出発、心配していた雨は小降りでほとんど気にならない程度。レース中も振ったりやんだりでしたが、それまでに降った雨で、登山道はところどころぬかっていて、非常に走りにくい状態でした。

 三頭山非難小屋の前で休憩しているときに9回目の参加という方は、これまでで、もっとも状態が悪いとおっしゃっていました。私にとっては特に下りが課題となりました。登りは他のランナーと同じかやや早いペースで登れるものの、下りが全くついていけずあっという間に離されてしまいます。しかもぬかるんでいて大変滑りやすいため、何回も尻餅をついてしま有様です。下りの走り方(歩き方)のコツがあるのでしょうが、最後までうまく行くませんでした。

 第1関門は5:16:53で通過、この頃はまだまだ余裕がありましたが、それからが大変長く、第2関門到着が12:10:29、時間内ゴールは不可能ではない時間ではありましたが、これからは下りが多くなることを思うと、レースを続ける気力がもはやありませんでした。

 しかも、関門を通過するとすぐ左側に、リタイア受付があり、あっさりとリタイアを申し込んでしまいました。これまで、関門時間に間に合わなくて、リタイアしたレースはありますが、自らリタイアしたのはこれが初めてです。

 完走できなかったのは、残念ではありますが、やはりトレールランニングにはそれなりのトレーニングが必要であると感じさせられたレースでした。

 今後は、11月12日のEKIDENを経て11月23日の大田原マラソンです。時間は余りありませんが、完走できるようトレーニングしていきたいと思っています。



大会結果 | 【2005-10-10(Mon) 19:48:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
明日は日本山岳耐久レース
 明日は、いよいよ日本山岳耐久レース(長谷川恒夫カップ)です。久しぶりにわくわくしています。最近は100キロウルトラマラソンの前日でも、あまり緊張しなくなってきてしまった様に感じますが、今回は久しぶりに緊張感というか、高揚感があります。やはり始めて参加するレースは、いい意味で緊張感があります。

 今日は、アウトドアショップでスパッツとグローブを購入。雨模様なのと、小石が靴の中に入るのを防ぐためにスパッツを購入しました。また、かなり寒くなることが考えられるので、防水加工されているグローブを購入しました。何年か前の青梅マラソンが雨模様で、後半指先が凍えてつらい思いをしたことがあるのを思い出して、グローブを購入しました。

 そのほか、予備の電池や、カロリーメイトやアミノバイタルゼリーなどを購入、準備完了と思います。これから、着替え等準備をして、明朝6時に出発です。

 第1の目標は完走ですが、できれば15時間以内で完走できればと思っています。


未分類 | 【2005-10-08(Sat) 22:09:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
山岳耐久レースまであと3日
本日のトレーニング内容(10月6日)
種類:ジョグ
距離:4.9km
時間:0:28:55
平均心拍数:115

 左足の状態もだいぶ良くなったので、軽く走ってみました。短い距離でしたが、特に問題なく走ることができ、一安心です。もう少し走りたかったのですが、また、悪化させてしまっては、何にもならないので、今日のところは、これでトレーニングは終わりです。

 さて、気になる、9日、10日の天気ですが、今のところ9日が曇り時々雨、10日が曇りとということで、雨が降ることは覚悟しなければならないようです。通常のロードレースであれば、雨そのものが走りに大きく影響することは有りませんが、山岳レースは初めてのため、影響が想像できません。気温も最低気温の予想は17度ですが、標高が高いので、10度を下回ることを考えておかなければならないようです。いずれにしてもどのような状況でも対応可能なように準備をして行こうと思います。



練習日記 | 【2005-10-07(Fri) 00:17:28】
Trackback:(0) | Comments:(1)
レースの予定
 左足の状態は、だいぶ良くなってきましたが、まだ走れるまでは回復していないと思うし、雨も降っているので、今日もトレーニングはなし。このまま、ほとんど走らずに日本山岳耐久レースを迎えてしまいそうです。スクワットなど筋トレだけでもやっておかないといけないとは思いつつ、実行できずにいます。

 さて、今後のレース予定ですが
10月9日~10日:日本山岳耐久レース
11月12日:EKIDENカーニバル西東京大会
11月23日:大田原マラソン(フルマラソン)
を予定しています。例年だと、11月はじめの足利尊氏公マラソン(ハーフマラソン)に参加するのですが、今年は駅伝があるので、参加しないことにしました。3週連続でレースとなると、家族の視線も気になります。

 大田原マラソンで、今現在の力を確認して、今後のプランを考えたいと思っています。まずは完走が目標ですが、3時間30分くらいでは走りたいと考えています。

 その後は、1月にハーフ、2月に抽選に当たれば青梅マラソン(30キロ)、3月に荒川マラソンを考えています。荒川では何とか3時間20分を切りたいと思いますが、それもどれだけ練習できるかしだいでしょう。



未分類 | 【2005-10-06(Thu) 00:36:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
外科医へいってきました
 今日になって、左足親指の痛みがぶり返してきたので、外科医へいってきました。診察室へ呼ばれて、医者のどうしましたかの問いに、「これこれしかじかで100キロ走ったら、」と説明したところ、「え!どうして100キロも走ったんですか?」と言い、不思議なものでも見るように、私の顔を見つめています。「100キロ走るウルトラマラソンのレースがあり」と説明をしてもまだ信じられないといった表情をしていました。
 診察の結果は、親指の付け根が化膿しているようでした。化膿そのものは軽いもので、膿を出して、化膿止めを塗ってすぐ終了してしまいました。化膿止めのクリームと痛み止めの内服薬を処方され診察は終了です。今では痛みもほとんどなくなり、一安心です。もっと早く受診すべきだったかなと思います。
 一般の人にとっては、マラソンですら考えにくい長距離でしょうから、ネクタイをした中年が100キロ走りましたといったらびっくりするのも無理はないとも思います。


未分類 | 【2005-10-05(Wed) 00:23:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本山岳耐久レースの装備
 左足の親指の状態は今日になって、だいぶ良くなってきたものの、まだ走れる状態ではないので、今日もトレーニングは休みです。ただ、今日になってかなり腫れもひてきたし、痛みも昨日に比べると楽になってきたので、このまま、良くなってくれることを願っています。

 さて、日本山岳耐久レースは、通常のロードレースと異なり、原則としてレース中にエイドステーション等はなく、必要な水分や食料は、自ら運ばなければなりません。唯一、42キロ地点の月夜見駐車場で、1.5リットルの給水を受けることができるだけです。

 また、途中からレースは夜間となります。そのため、水2リットル以上、雨具、行動食、ヘッドランプ(予備アルカリ、リチウム電池、電球) 防寒具が、必要装備品とされており、受付前にチェックがあるそうです。そこで、レースに備えていろいろと装備を準備しなければなりません。

 今回、次のものを新たに購入しました。
1.ディパック
 サロモンのRAID RACE 200、東京への出張のついでに御徒町のアートスポーツで購入しました。ハイドレーションパックを内蔵することができ、510グラムと軽量です。在庫処分で安くなっていたのもあり購入しました。
2.ハイドレーションパック
 プラティパス(platypus)の2リットルのものを購入しました。
3.ヘッドランプ
 最近流行のLEDタイプのものをヤフーオークションで購入、LEDが19個ついていて、かなり明るく、真っ暗な中でもそれなりのスピードで走れそうです。そのほかに万一のアクシデントに備えるためと、より自由な方向を照らせるだろうと考えて、普通の懐中電灯(防水タイプ)のもって行く予定です。

 今回、レースのために改めて購入したのは以上ですが、いま悩んでいるのが、シューズとエネルギー補給をどうするかです。シューズはトレイルランニング用のシューズにするか、ランニングシューズにするか迷っています。滑り難さからいったらトレイルランニング用シューズでしょうが、純粋に走ることだけを考えるとランニングシューズのほうがいいように感じます。当日の天候しだいで、そちらにするかは会場についてから決めようと思っています。

 レース中の食料は、インターネットでいろいろな方の参加記を調べてみると、いろいろと工夫されており、それらを参考にこれから決めようと思っています。とりあえずパワーバーとパワージェルはアートスポーツで買ってきました(地元のショップでは販売していないので)。

 左足の状態が心配ではありますが、何とか走れないようなことはなさそうになってきたので、参加はできそうなので一安心です。


装備 | 【2005-10-04(Tue) 01:14:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本山岳耐久レース(長谷川恒夫カップ)に参加します
 来週の10月9日~10日に開催される、日本山岳耐久レースに参加します。このレースは東京都山岳連盟が主催するレースで、奥多摩全山の71.5キロを24時間以内に走るレースです。通常のロードレースとは異なり、舗装された道路を走るのではなく、起伏のある山道を走る(歩く)レースです。

 レースのスタートはあきる野市の五日市中学校で、次のようなコースとなっています(東京都山岳連盟のwebページから)
五日市中グラウンドスタート→今熊神社→市道山分岐(795m)→醍醐丸→生藤山(990m)→土俵岳(1005m)→笹尾根→三頭山(1527m)→大岳山(1266m)→御岳神社(929m)→金比羅尾根→五日市会館ゴール

 このレースは、主催が東京都山岳連盟であることからもわかるように、登山をされる方が多く参加されますが、私のようなランナーも多く参加するようです。今年が初めての参加です。このレースの参加のきっかけは、去年、今年と参加している(2回とも8合目の関門を制限時間オーバで通過できなかった)富士登山競争の情報をwebページで探しているうちにこの大会のことを知ったことがきっかけです。今年の富士登山競争のトレーニングのために日光の山々を登っているうちに、登山も面白く感じていたところに、この大会のことを知り、思わず参加申し込みをしてしまった、といったところです。

 そこで、本来であればこの週末は、レースに向けて調整のためトレーニングする予定でしたが、思わぬ事態で全くトレーニングできない状態となってしまいました。

 秋田の100キロマラソンで、左足の親指にまめができてしまい、それが木曜日から悪化し、とても走れる状態ではなくなってしまいました。これまでも、ウルトラマラソンの後は、足の指にまめができてしまったり、黒爪になったりすることは良くあり、現に、右足の親指はサロマのウルトラマラソンで爪が死んでしまい、爪が取れてしまっています。水曜日に走ったのが良くなかったのかもしれません。

 ということで、今週中に完治しないと参加そのものが危うい状態で、気をもんでいるところです。何とか参加して、完走したいと思っています。


練習日記 | 【2005-10-02(Sun) 23:44:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
カウンター
レース結果と予定
JogNote

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。