プロフィール

キューダス

Author:キューダス
フルマラソンでサブスリー(3時間以内での完走)を目指して、日々トレーニングしています。


ブログランキングに参加しました。
↓↓ クリックをお願いします。
人気ブログランキングバナー

最近の記事
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
第21回萩往還マラニック(4)萩城址-ゴール
石彫公園を出発し、海岸沿いの道を笠山に向かって進みます。萩市内は、交差点が多く、どこで曲がるか心配しながらの走行でしたが、曲がるところでは、白線で指示があるので安心して進むことができました。石彫公園で少し休憩した効果か、正確なペースはわかりませんがキロ6分よりやや遅いくらいのペースで走れている感じがします。30分ほどで空も明るくなり、ライトは必要なくなりました。

阿武川にかかる雁島橋の手前で左折し、雁島橋を渡り国道191号線に合流した少し先で、前に見覚えのある250kmランナーを発見。会社の同僚のO君とJOGNOTE仲間のWさんが並んで歩いています。Wさんは昨年140kmを完走していますが、今の時間にここならば18時間台が狙えるから頑張れといわれましたが、そのためには残り50kmを8時間弱で走らなければなりません。往還道のアップダウンを考えると、その時点では厳しいなと思いました。お互いにエールを送り、先行させてもらい笠山に向かいました。やがて左側に海岸線が見えるようになり、それらしい風景が見えますが、なかなかつきません。萩焼会館の前を通過すると前方から笠山から戻ってくる250kmや140kmのランナーとすれ違うようになります。

250kmのランナーがしっかり走っているのを見ると、こちらも勇気をもらえるような気がします。やっと、国道から笠山に向かって左折、明神池を過ぎて笠山の周回道路に入ります。昨年までは笠山に登っていたそうですが今年からは登りはなくなり、まっすぐチェックポイントの虎ヶ崎に向かいます。虎ヶ崎には6時10分ごろ到着。忘れずにチェックシートにチェックし、つばきの館で食事をいただきます。カレーかうどんが選択できるということなので迷わずカレーをお願いしました。辛口でおいしいカレーでした。ここまで食欲が落ちていないので助かります。

カレーをいただき、十分に水分補給をし虎ヶ崎を出発。自然探勝路を進み明神池の手前で、来た道に戻り笠山一周完了です。ここからは来た道を戻ります。国道191号線を南に向かい、萩焼会館のところで左折し東光寺に向かいます。これまでとは違い狭い道を進むと、広い道にぶつかりその先には川が流れています。その川に架かる幅1mくらいの狭い橋を渡り対岸の遊歩道のような道を東光寺に向かいます。東光寺で最後のチェック。

今走ってきた遊歩道のような道を戻り、松蔭大橋を渡ります。このあたりも初めてなので不安でしたが、道に迷うことはありませんでした。警察署前の交差点を地下道で直進します。ここを左折するとショートカットできてしまうらしいのですが、大会本部に対して警察から許可されたコース以外は走らないようにきつく言われているということもあるのだと思いますが、係りの方がいてしっかり誘導されました。

萩往還涙松御許町の交差点を左折し、萩駅方面に向かい国道262号線に出ます。後は来た道を山口に向かいます。中国自然歩道に入るところが少しわかりにくかったですが、迷うことなく進むことができました。写真は自然歩道の途中にある涙松の石碑です。萩市内からは、250kmのランナーも合流するので、前後にランナーがいないということはなく、安心して走れるようになります。萩往還公園に向かって緩やかな登りですが、ところどころ歩きを交えながら、登っていきました。萩往還公園を過ぎたあたりから、70kmや35kmの部のランナーとすれ違うようになり、一段とにぎやかになります。

萩往還明木2明木市のエイドには午前9時少し前に到着。メッセージボードがあったのでO君とWさんに応援メッセージを残して出発。

明木市のエイドを過ぎるとすぐ一升谷の登りになります。それでも最初のうちはなだらかな登りなので走って登ることできます。このあたりからは70kmや35kmのランナーが多くなり、声援が後押ししてくれます。それと、すれ違うとき皆さん道を空けてくれます。こちらはよけるのも大変な状況なのでありがたいことです。さすがに一升谷の中盤からは急なところは歩き、緩斜面では走るという感じになってきましたが。半分以上は走ることができたように思います。

萩往還一升谷出口長かった一升谷を登りきり国道に出る手前で、70kmの部に参加しているGさんに会うことができました。まだまだ序盤で余裕たっぷりでした。写真を撮っていただいたりし、お互いの健闘を誓って分かれました。

萩往還佐々並2国道に入ると途中2回ほど旧道を通り佐々並市のエイドに到着。このあたりでは多くの35kmのウォーキングの部の参加者とすれ違います。中には小学校低学年と思われる子供からも声援を受けて勇気付けられます。佐々並市では名物佐々並豆腐をいただき、10時半ごろ出発。あと2時間30分でゴールできれば18時間台ですが、ゴールまでの距離感がまったくなく、またこの先一番の難所が控えているので、この時点では18時間台はほぼあきらめていました。

国道に出て、ゴールに向かって走り始めます。この先国道から右折して首切れ地蔵の前を通り県道62号線に入らないといけません。そこを直進してしまうととんでもないほうにいってしまうので注意しないといけないなと思いながら走ります。最初のうちこそ走ることができていたものの、坂道が延々と続き、いつしか歩いていました。斜度はせいぜい5%くらいだと思うのですが、思うように体がいうことを聞いてくれません。走ったり歩いたりを繰り返しながら進んでいると、道路の左側で声がします。上長瀬の草餅エイドです。草餅をいただき生き返った気分です。夏木原キャンプ場を過ぎいよいよ往還道の最高地点、板堂峠への登りになります。

県道からの登り口には案内の方が誘導してくださいます。最高地点まではあっという間に到達し、あとは下る一方です。2回県道を横断し往還道をひたすら下ります。急なくだりでしかも太もも前面がすでに悲鳴を上げているので、ゆっくりしか進めません。それでも何人かのランナーを追い越しながら下ることができました。やっとの思いで往還道も終わりました。

そこからは舗装された緩やかな下りになります。ゴールが近いということもあるのか自然とペースが上がり、それまでゆっくりとしか走れなくなっていたのが、面白いように走れます。実際にはキロ6分くらいのペースかもしれませんが、体感的にはキロ5分に近いのではないかと思えるペースでした。ダムの脇を通り最後の下り道を勢いよく下り、家並みが見てくるともうまもなくゴールの瑠璃光寺です。最後の交差点を右折しゴールを目指します。

萩往還ゴール多くの人々の声援を受けながら、ゴールへ。時間は18時間28分53秒でした。





多くのランナーのブログを見るならこちら(ブログランキング)

↓↓ ランキングに参加しています。クリックをよろしく
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ




スポンサーサイト
大会結果 | 【2009-05-26(Tue) 01:21:35】
Trackback:(0) | Comments:(2)
第21回萩往還マラニック(3)山口-萩城址
福祉センターを出発し、いよいよ萩往還マラニックらしいコースになってきます。

瑠璃光寺を左手に見ながら、県道62号線を北上し0.4kmほどで右折し天花橋を渡ります。地図だと右折する場所がわかりにくいかもしれないと思いましたが、そのようなこともなくスムーズに進むことができました。その後は道なりに進みやがて少しずつ上り坂になってきます。左手にダムが見えますが、真っ暗なので、湖面を見ることはできません。少しすると平坦になり往還道の入口になるはずですが、なかなか現れません。

地図によると県道が大きく右に180度カーブするところを直進して往還道に入るはずですがなかなか入口が現れません。運悪く前のランナーが見えないため、もしかすると入口を見逃してしまったかなと思い始めた頃、やっと入口にたどり着きました。県道から入って100mほどで舗装道路から石畳の道になり、いよいよ萩往還道になります。立派な石碑も立っています。

萩往還入口の石碑写真では判りにくいかも知れませんが、ここからは舗装道路ではなくしばらく石畳の道になります。勾配は10~20%くらい。当然走って登ることはできません。勾配がきついところではひざに手を当てながらでないと登れないほどです。当山周囲は真っ暗。ヘッドライトと手に持ったマグライトの明かりだけが頼りです。ふと気がつくと息が白くなっていました。まだ半そでにハーフタイツでしたが、特別寒いという感じはしませんでしたので、もう一枚着る必要は感じませんでした。途中2回県道を横切り萩往還道の最高地点(545m)板堂峠を越え再び県道に出ます。県道を横切るところには係りの方がいて道案内をしていただきました。真夜中にもかかわらずありがたいことです。

県道に出るとしばらくは緩やかな下り坂が続きます。上り坂から開放された喜びもあって、快調に走り続けます。道路の左側の歩道を走っていると、右側に明かりの着いた小屋のような建物が見え、ランナーが2、3人いるようです。この辺にはエイドはないはずだなと思いながら、道路を横断しました。すると建物の中で、おばあさんが草餅を作っている真っ最中でした。ああ、これがうわさの草餅エイドかと理解するのに時間はかかりませんでした。早速出来立てでまだ暖かい草餅をいただき、水も2杯ほどもませていただきました。さらに、半分ほどに減っていたペットボトルにも水を足すことができました。お礼を述べて、草餅は手に持ったままエイドを後にし、歩きながら食べました。ちょうどエネルギー切れになりかけていたところだったので、大変おいしかったです。

萩往還佐々並エネルギーを補給し、再び快調に走り続けることができました。首切れ地蔵への左折も無事通過し、国道262号線に入り、緩やかな下り坂をさらに進みます。国道から分かれて佐々並市のエイドに午前1:10ごろ到着。久しぶりに明かりを見るとほっとします。給水し、エネルギーを補給し長居をしないようにして出発。

ここからまた、未舗装の往還道に入ります。一旦国道に出てまた未舗装の道に入ったりを繰り返します。エイドで休んだこともあると思いますが、さすがに寒く感じたので長袖のTシャツを重ねることにしました。道とはいえないような箇所もありますが、分岐点には石灰でラインが引いてあるので迷うことはありませんでした。ただし、国道は2車線ですから、反対側を走っていると白線に気がつかないかもしれません。エイドのつど次のエイドまでのコースの概略を把握しておいたほうがいいと思います。

そうするうちに、一升谷の入口に到着。最初はかなり急な石畳の坂を下ります。帰りはここを登るのかと思いながら慎重に下っていると、やがて土の上に砂利や枯葉が少し乗ったような感じの走り易い感じの路面になり、勾配もそれほどきつくなくなってきたので、気持ちよく走ることができました。ただ、ところどころ水がたまっているところがあり、そういった場所では慎重にならざるを得ませんでした。

萩往還明木長かった一升谷も終わり明木市のエイドに着いたのが午前2:45ごろでした。明木市からしばらく進み往路最後の登り、倅坂になります。一部登山道のようなところを歩き、萩往還公園の駐車場に出ました。そこには私設エイドを出している方がいて、飲み物や食べ物を用意してくれていました。当然真夜中、ありがたいことです。明木市からそれほど立っていないこともあって、水分補給だけさせてもらいました。駐車場を進み、道の駅の中を進みます。方向としては萩有料道路に沿っていけばいいのだろうと思いますが、白線もないため本当にこっちの方向でいいのかなと思いながら、有料道路の料金所の脇をとおり、有料道路の歩道に出ました。

すると前から250kmの部のランナーが走ってくるのが見えました。誰かと思ったら、同じ栃木のJOGNOTE仲間のFさんでした。今回は250kmと70kmのダブルに挑戦していましたが、この時点で午前3:30、ダブルはあきらめたと言っていました。お互いに健闘を誓って、別れました。公園から500mほどで右折して中国自然歩道に入るはずだと思いながら、注意していましたがそれらしい道がありません。一か所、それらしいところがありましたが、道路に矢印がなかったのでそのまま直進しました。

そのうち、市街地が近づいてきて初めて道を間違えたことに気がつきました。あわてて地図を出して確認しますが、自分のいる場所を確認できるまでしばらく時間がかかりました。やっと今いる位置がはっきりし、進む方向がわかった頃、はやり同じように直進してきてしまったランナーが3人ほどやってきました。コースミスしたのが自分だけでなかったことに、妙に安心して、お互いコースを再確認し進みます。

すぐに山陰線にかかる跨線橋を越え、萩駅方向に右折します。しばらくは山陰線沿いに進み、やがて玉江駅前に到着、駅に明かりが着いてランナーの姿も見えます。あれ、こんなところにエイドはあったかなと思いました。道路上の白線は、駅前で右折するようになっていたのでそれに従って右折しました。後で確認したら玉江駅は250kmのエイドのようでした。このあたり、だいぶ疲れてきてはいましたが、まだ走り続けることはできていました。

萩往還萩城址橋を渡ると、140kmは左折、250kmは直進の指示があります。指示どおり左折すると萩城址、石彫公園に到着。午前4:35頃でした。まずは大切なチェックシートにパンチをします。あらかじめ預けていた荷物には、シューズやソックスを入れていましたが、特に替える必要を感じないので、エネルギーゼリーとソイジョイを取り出し、残りはそのまま山口行きの置き場所に戻しました。空を見ると少し白み始めているようにも感じますが、まだまだ暗いのでライトはそのままにして、出発することにしました。



多くのランナーのブログを見るならこちら(ブログランキング)

↓↓ ランキングに参加しています。クリックをよろしく
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ




練習日記 | 【2009-05-15(Fri) 01:17:28】
Trackback:(0) | Comments:(0)
第21回萩往還マラニック(2)防府往復
いよいよ第21回萩往還マラニック140kmのレースは午後6時スタート。

萩往還スタートスタート直後の混雑を避けるために、50人ずつのウェーブスタートです。初参加でコースも良くわからないので、真ん中あたりからスタートしようと思い、少し遅めに並んだので第6ウェーブからのスタートでした。第1グループが18時ちょうどに「エイエイオー」の掛け声でスタートし、その後はランナーのナンバーを1人ずつ確認し50人そろったところで順次スタートしていきます。第6グループのスタート1は8時10分くらいでした。いよいよ長いレースが始まりました。
瑠璃光寺の五重塔の前からスタートし参道を進み突き当りを右折し山口駅方面に進みます。1キロほどで荷物置き場にもなっている山口福祉センター前を通過。事前に荷物を置いておかなかったランナーは、このとき荷物を置くことができますが、あまり多くなかったように思います。

そこから0.5kmほどで県道201号線にぶつかり、山口駅方面に右折し、山口駅前で横断歩道を渡り進行方向に向かって左側の歩道を走るように係りの方に誘導されました。この先もそうですが、山口市内には主要な交差点等には係りの方がいて誘導してくれるので、道に迷う心配はまったくありませんでした。駅前を通過し0.6kmほどで山口駅入口交差点を左折し県道21号線を南東に向かいます。

すぐ、変わった形の歩道橋を渡り道路の右側の歩道を走るようになります。その後は4.5kmほど県道21号線を東に向かいます。萩往還マラニックは交通規制されているわけではないので、歩道があるところでは歩道を走り、交通信号に従うのがルールとなっています。そのため、ここまでずっと歩道を走ってきました。赤信号で何回か止められましたし、このあたりではまだ集団なので、歩道が狭いところでは追いついたランナーを思うように追い越すことができません。まだ先が長いのでそれほどあせることもないのですが、ちょっと走りづらい思いをしました。

やがて中国自動車道の下をくぐり国道262号線に合流します。しばらくは平坦な道が続きますが、鯖山峠に向かって次第に上り坂になってきます。とはいえ、緩やかな登りなので、スピードダウンすることはありません。やがて、13.7km地点の最初のエイド「しゃもじ」に到着。ここまで1時間23分ほどでした。防府往復はキロ6分ペースを予定していたのでほぼ予定通りです。

萩往還しゃもじここでは、食券を使ってうどんを食べることができますが、まだ距離も短いのでうどんは帰りに食べることにして、トン汁と2こ入りパックのおにぎりを1パックいただきました。右の写真は帰りに撮ったものですのでだいぶすいていますが、行きはもっと混雑していました。6分ほどでしゃもじを出発、国道はトンネルで峠を超えますが、コースは峠越えの未舗装の旧道に向かいます。
かなりの急斜面ですが、走れなくはないので走って登ります。100mほどで下り始めたので、あれもう登りきったのか、と思ったらすぐまた登りが始まり500mほどで登り切り、下り始めます。それほどの勾配ではないので走ろうと思えば走れる程度の登りです。下り始めるとすぐに舗装された道路になりやがて国道に合流します。

萩往還英雲荘しばらく下り坂が続くので軽快に走り続け、4kmほどで防府市街地に入ってきます。地下道をくぐり、天神入口交差点を右折ししばらくで、最初のチェックポイント英雲荘に20:30頃到着しました。ここではチェックシートにパンチでチェックをしないといけないのですが、そのために行列ができていました。チェックしてから、エイドで給水をしバナナとパンを補給し、山口に向けて戻ります。エイド滞在時間は5分ほどでした。

防府市街にも要所に案内係りの方が待機してくださるので、まったく迷う心配はありませんでした。

帰りは来た道を引き返すので気は楽です。行きと同様に途中から峠に向かって登りになりますが、防府からのほうがやや勾配がきついような感じがします。峠を越えて行きにもよったしゃもじに21:30ごろ到着。行きに寄ったときに比べるとだいぶすいています。今度は食券を使ってうどんをいただきました。肉うどんと卵うどんがあるということなので、肉うどんは消化が良くないかもしれないと思い卵うどんを注文しました。卵うどんとはどんなものかと思っていたら月見うどんでした。卵うどんをいただき、おにぎりを1個だけ食べ、10分ほどで出発。

行きにも通った歩道橋を真夜中にもかかわらず、待機してくださっている係りの方の案内で渡り、 山口駅入口交差点へ。ここで右折しなければならないのですが、ちょうど歩行者用信号が点滅を始めたのでダッシュして、直進してしまいそうになりました。幸い係りの方が気がついて右折するよう誘導してくださったので、事なきを得ました。

山口福祉センターに着いたのが22:55ごろでしたので、ここまで4時間45分かかりました。レース前の想定ではキロ6分ペースで走り遅くても4時間半くらいと思っていたので、少し時間がかかり過ぎたなというのが、そのときの印象でした。しかし、よく考えてみるとここまで3回のエイドだけでなく、信号で止められたことが何回も(おそらく片道で10回以上、合計20回以上ではないかと思います)あったので、ペーストしてはキロ6分だったと思います。

福祉センターには寒さに備えて長袖のTシャツとウィンドブレーカを置いておきましたが、寒くはないのと雨の心配はないだろうと判断し、ウィンドブレーカは持たず長袖Tシャツだけ持つことにしました。また、ここから山道になるのでハイドレーションパックにお茶を入れ、空になったペットボトルにはメダリストを溶かして入れました。

結局、福祉センターで20分ほど時間を使い、23:15ごろ出発。いよいよ本格的な登りになります。





大会結果 | 【2009-05-13(Wed) 01:27:41】
Trackback:(0) | Comments:(1)
第21回萩往還マラニック(1)
5月2日~4日に開催された第21回山口100萩往還マラニック大会の140kmの部に参加してきました。
第21回萩往還スタート前
記録は18時間28分53秒で完踏(萩往還マラニックでは完走のことを完踏といいます)、順位は21位でした。

140kmの部は3日の午後6時に山口市の瑠璃光寺をスタート、防府市を往復し一旦スタート地点の近くに戻り、その後萩市まで往復し瑠璃光寺にゴールする132.8kmのコースです。

レースの2週間ほど前に、以前サロマ湖ウルトラマラソンで故障した右足首の痛みが再発して1週間練習できなかったのでどうなることかと思いましたが、目標としていた20時間以内でゴールすることができました。

レースの詳細は順次アップします。


多くのランナーのブログを見るならこちら(ブログランキング)

↓↓ ランキングに参加しています。クリックをよろしく
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ



大会結果 | 【2009-05-06(Wed) 15:32:53】
Trackback:(0) | Comments:(4)
カウンター
レース結果と予定
JogNote

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。